• ホーム
  • ピルと黄体期と生理について

ピルと黄体期と生理について

欧米では、避妊するために経口避妊薬を使う女性が多いです。
経口避妊薬は、ピルとも呼ばれます。
日本では、1999年から低用量ピルが発売されています。
正しく服用すれば、ほぼ100%避妊でき、月経困難症やニキビにも効果を発揮します。
ピルの種類は、一相性、二相性、三相性に分けられています。
一相性は、服用中のホルモンの量は一定です。
二相性は、排卵を境として、黄体期と卵胞期でホルモンの量に変化をつけています。
三相性は、ホルモンの量に変化をつけ、さらに排卵期のホルモン量を考慮して変化をつけています。
一相性は、副作用が出やすく、三相性は副作用が少ないです。
二相性は、一相性と三相性の中間の性質を持っています。
低用量ピルを服用すると、生理周期が安定し、乳房の良性腫瘍の発生率も下がると考えられています。
日本女性は、月経前症候群の様々な症状に悩む女性が多いです。
月経前症候群は、PMSとも呼ばれています。
月経前症候群は、月経が始まる少し前から起こる腹痛や眠気、イライラなどの不快症状です。
月経前症候群は、排卵後の女性ホルモンの変化によって起こると言われています。
低用量ピルを服用することで、月経前症候群の不快な症状を緩和することが可能です。
ピルを服用すると太ると言われた時代もありましたが、現在の低用量ピルでは、太ることはないです。
低用量ピルを服用した後に、出血が見られることがありますが、通常であれば1ヶ月くらいで出血はおさまります。
ただ、子宮内膜ポリープ、子宮頸がんなどが原因で性器から出血するケースもあります。
出血が長期間続き、体に異常を感じた場合は、できるだけ早く病院で診察を受け、適切な治療を受けた方が安心です。

サイト内検索
人気記事一覧