• ホーム
  • ピルを飲んでいてもコンドームは忘れずに

ピルを飲んでいてもコンドームは忘れずに

薬を飲んでいる女性

最近は男性と女性が交際をしていくのにも、体の関係に発展するのも速やかになっています。
昔は結婚を前提にしないと性行為をしたりしなかったものですが、今は将来を考えるわけでなくても性行為は愛情表現の一つとして行われるようになっているのです。
ですから、妊娠をしてしまう可能性も秘めているのです。
妊娠をしてしまうと困ってしまうという女性はとても多いものです。
本来なら両性でどうにかしていく問題ですが、どうしても女性の負担が重くなってしまったりするのです。
そこで性行為をする際には避妊をしていくようにするといいのです。
一般的にはコンドームを男性がつけるという避妊法が知られているのですが、成功率から考えると経口避妊薬であるピルを服用するという女性が増えているのです。
ピルは毎日正しく飲めば、ほぼ妊娠をすることもないくらい、避妊方法としては優秀なのです。
ピルはホルモン剤が入っているので、女性の生理周期を整える働きをします。
28日間に生理周期を固定して、排卵を抑えることができるのです。
排卵を抑えることで受精をすることがなくなるので、避妊できるという仕組みになります。
今は産婦人科で処方してもらうことができるほかにも、海外からの個人輸入で入手することもできるのです。
しかしながら、避妊方法としてはとても優れているのですが、性感染症の予防には効果があるわけではないのです。
性感染症の予防のためには、やはりコンドームが効果的なのです。
ですからピルを飲んでいるとしても、性感染症にならないようにするためにはコンドームを併用するようにしたほうがいいのです。
そういった知識を持って、正しく避妊方法を検討していきたいものなのです。

サイト内検索
人気記事一覧